不動産サイトも利用可

家の価格相場は、親しみのある不動産会社のホームページからも確認できます。すべての不動産会社がホームページ上で、価格相場を調べるサービスを展開しているとは言い切れませんし、賃貸に強い不動産会社と売買に強い不動産会社がありますので、なるべく売買を多く行った実績のある不動産会社のホームページを覗くようにして下さい。

検索ホームページの仕様上多少の差異はありますが、基本的に価格相場を調べたい都道府県を検索し、一戸建てや新築かどうかなどの物件情報を設定して、その後都道府県内の具体的なエリアを入力すれば、実際に行われた取引、もしくは販売中の情報を参考にした家の価格が一覧で表示されます。

どの方法を活用しても、あくまで相場ですので実際に売買を行う際には価格相場とは違う金額を提示される可能性も十分にあります。しかし、不動産会社の情報と国土交通省の情報を、すべて網羅した上で家の売買に踏み切れば、少なくとも情報が重要視される不動産の取引において、不利益を被る心配は無いのではないでしょうか。こちらの方法は非常に手軽に利用でき、ものの数分で知りたい地域の価格相場を調べることができますので、1つの参考材料にしてみてはいかがでしょうか。

都道府県地価調査

家の価格相場を調べる上で、不動産取引価格情報検索システムは非常に有用性がありますが、都道府県地価調査を交えて調べると、より具体的な家の価格相場を調べることができます。

土地と家地価には基準地価と公示地価など、専門性の高い違いがあることから理解するのが大変なイメージがありますが、基準地価であろうと公示地価であろうと、自身が売買を検討している地域の地価を調べればそれで相場を調べることに繋げられます。都道府県地価調査もまず初めに、都道府県を選択する画面が表示されますので、対象の地域のみ対象として地価を調べましょう。

都道府県地価調査で有益な点として考えられるのが、より具体的な価格相場を査定前の段階で知ることができる点です。あくまで不動産取引価格情報検索システムは、その取引が行われた事例を紹介しているに過ぎません。まったく同じスペックの家を売買されたかたは恐らくいらっしゃいませんので、地価と含めて家の価値を知ることができれば、より精密な価格相場を知ることができるでしょう。国土交通省が公開している公的な情報となりますので、信憑性も高く信頼できる点も疑いようがありませんので、不動産取引価格情報検索と併用して活用してみてください。

不動産取引価格検索

国土交通省のホームページにある、不動産取引価格情報検索を利用すると、過去に取引が行われた情報を確認することができます。少し難しい印象を受けるかもしれませんが、使い方を理解してしまえば気軽に利用できるサービスとなりますので、ぜひ家の売買を検討していらっしゃるかたは積極的に活用してください。

調べる家不動産取引価格検索を利用して参考になる点は、自分が購入する際には自身が考えている予算内で、どれくらいの家を購入できるのか、売却する際にはどれくらいの金額で売れるのかを知れるところです。情報は細部に亘り入力できますので、駅から徒歩何分で間取りはどれくらいで、地域性などを含めて、自身が購入したいスペックの家がどれくらいの金額になるのか知れますし、売りたい家と同程度のスペックの家が、実際にどれくらいの金額で取引されたのかという事例を確認できます。

あくまで不動産取引を行った上で、国土交通省のアンケートに回答したかたの情報のみを開示しているサービスとなりますので、すべての不動産取引の情報を網羅しているわけではありません。しかし、取引事例を細部に亘り確認できるサービスの有益さは取引を進めていく上で実感できるようになりますので、積極的に活用して売買取引に臨んでください。

家の価格相場を調べる

家家の売買を検討する際、検討している地域の相場に加えて、間取りや坪単価の相場が気になるかたは多くいらっしゃるのではないでしょうか。購入されるかたはなるべく良質な家を安く手に入れたいと考えますし、売却されるかたはなるべく高く売りたいと考えるでしょう。

しかし、家の売買を頻繁におこなっているかたは少数派となりますので、どういった方法を用いて家の価格相場を調べていいか分からないのではないでしょうか。そういった事態に陥ってしまった際には、取るべき方法は主に2つとなります。

1つは国土交通省が公開している、不動産取引価格と都道府県地価調査を確認すること。どちらも国土交通省のホームページから簡単にアクセスできますので、仕事の合間などを縫って簡単に確認できるでしょう。

もう1つは不動産会社のサイトを利用すること。耳慣れた不動産会社で、家の売買を行っている会社のホームページを覗くと、売買を検討している地域の取引価格やその事例を確認できます。

特に親しみを持ちやすい傾向にあることから、不動産会社のサイトを確認するかたが多くいらっしゃいますが、国土交通省のホームページにも非常に有益な情報が記載されていますので、そのメリットも併せてこちらの記事でご紹介いたします。ぜひ参考にしていただき、家の価格相場を調べ、有意義な売買を実現してみてください。こちらの記事がきっかけとなり、その後の生活がより良いものになりましたら幸いです。